注文住宅の見積で確認ポイント

注文住宅の設計・計画を行う場合、まず初めに建築するお客様から要望をヒアリングすることから始めます。その要望を基にして住宅の設計を行い見積を作成していく流れです。そこで算出した見積書の内容を内訳書といいます。注文住宅の場合は、内訳書の一番上の項目に設計費用や打ち合わせ時に発生した諸経費の項目があります。この部分は、建築会社様でも詳細に諸経費の内訳は掲載していないため、お客様は、内容を確認したほうが良いです。この部分で、多少の減額できる項目があるかもしれないからです。注文住宅は、構造もお客様の自由に選定することができます。例えば、鉄骨造であったり木造であったり、木造の場合は内訳書の中に木工事の項目が発生します。この工事は、建築総工事費用の大きな割合を占めている工事となります。そのため、建築工事業者が大幅な利率を計上して見積書に記載している可能性があります。特に、一式工事や材工共と書かれている場合は注意するポイントです。注文住宅は、一般の建売住宅より費用が高いです。一式工事や材工共と記載されていた場合は営業担当者などから項目を細分化してもらう事が良いです。そして、インターネットなどを駆使して自分で単価を調べるなどの努力をして、予算にあった注文住宅を建築して欲しいです。

注文住宅の基本情報

↑PAGE TOP

Menu